スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リッツ・カールトンに泊まりたくなる

リッツ・カールトン関係の本は、一度読んでみたかったんです。
今回、ようやく読みました

あ、タイトルでは「泊まりたくなる」と書きましたが、
実際には簡単には泊まれません。あははっ

リッツ・カールトンが大切にする サービスを超える瞬間

リッツ・カールトンが大切にする サービスを超える瞬間
著者: 高野 登
出版社: かんき出版


むか~し、むかし。
会社の旅行で香港へ行ったことがあります。
会社も余裕があった時代ですな

おからも初めての海外で、舞い上がってましたね。
田舎から海外へ。
筒井康隆の「農協月へ行く」を地で行く珍道中でしたわ

それはさておき。

その時宿泊したのが、
リッツ・カールトン香港でした。
本当にすごいホテルだったんですね

お客様のためにどこまでできるのか、何ができるのか。
常に考えながら行動できる従業員。
誰かが誰かをサポートし、お客様を感動させるための
仕組みができています。

いい事をする人や、目立つ人は、足を引っ張られて、
頭を叩かれて、表に出られないようにさせられる、
巷にあふれる多くの企業とは大違いです。

正しい仕組みが出来上がっています。

「ここまでやってくれたら、そりゃ感動するわ~」の
エピソードもたくさん紹介されています。
中にはうるうるしちゃうエピソードもありました

従業員のサービスクオリティー、モチベーションの高さは
ディズニーランドかリッツ・カールトンか、と言われる
と別のどこかでも読んだような気がします。

一般の企業が真似できない、「正直者が損をしない」
会社(ホテル)がリッツなんですね。

本当に真似はできませんが、
人を感動させたい気持ちは持っていたい。
感動してもらうにはどうすればいいのか、自分の
頭で考えることから始めなければ、と思います。

職場、地域、コミュニティーなど、
他人と係る場所は多くありますね。

おからの場合、アロマレッスンでは
まったく見ず知らずの方に集まってもらえるわけですから、
その方々に小さくても感動を持って帰ってもらえるよう、
頭、ぐるんぐるんさせて、考えなきゃいけませんね



広島ブログ
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

おから

Author:おから
おからです。野良猫です。ふらふらとあちこち行きます。もしくはず~っと、お昼寝したりしてます。
普段はただの会社員を装っているが、本当はアロマの楽しさを伝えたい芳香伝道師。日々ゆる~く伝道活動中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。