スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鼻うがい デビュ~~! ・・・できるかな?

花粉が飛ぶ季節です。

花粉が飛ぶ季節になりました
今年は量が多いらしいですね?
昨年の5倍?10倍?
昨年が少なかったですからね。

おからも花粉症なので、
かなり恐怖です

インフルエンザも、もう昔のこと!
風邪も引いてないなず!
なのに時折くしゃみが出るんです~
花粉、もう来てるのかな~?

今年は手洗い、うがいに加えて
鼻うがいをしようかと思っています。


鼻うがい・・・。
ちょっと怖くてやったことなかったんです。
でも、鼻うがいは花粉症対策などに
効果があると言われているのですよね。

しかし、鼻うがいは 中耳炎になったりする
危険性もあるとか
正しいやり方でやらなくきゃ
いけませんね。


≪鼻うがい≫
生理食塩水で
鼻うがいを行うと良いそうです。


*生理食塩水は・・・
0.9パーセントの食塩水のこと。
1リットルの水に
9グラムの食塩を混ぜればできあがりです。


水は精製水や蒸留水を購入してもいいですが、
めんどうですし費用もかかりますよね。

でも、水道水をそのまま使うのは、
やっぱり嫌だな。

というわけで、やかんなどで沸騰させた
湯冷ましを使いましょう。
このとき、沸騰の時間は15~20分。

なぜかというと。
聴いた事ありますよね、トリハロメタン。

沸騰直後がいちばんトリハロメタンの量が多く、
ほぼ完全に無くすのには1時間ぐらいの沸騰が
必要といわれますが、20分程度も沸騰させていると、
もとの水道水よりは確実に量が少なくなるといわれています。

だから沸騰の時間は15~20分。
塩素やトリハロメタンも飛んでしまうし、
殺菌にもなるでしょうからね。

あ!規制のゆるいミネラルウォーターよりも、
水道水の湯冷ましのほうがまだ安心ですよ。


では、作ってみましょうか

準備するのは
☆キレイに洗った
 ジュースなどのペットボトル
 500ミリリットル容器
☆計量スプーン
☆塩

1リットルで9グラムの塩
ということは、
500ミリリットルの水に
塩は4.5グラムですね。

本当ならハカリでキッチリ量るのが
良いのでしょうが。。。

小さじ1杯が約5グラムですから
すりきり1杯量って、
スプーンの端っこ、
塩0・5グラム分を
「ちょん」と除けば良いんですよね?

0.5グラムってどれくらいだよ
って叱られそうですが

多少の誤差はOKじゃないですか?
1グラム以上の誤差はないはずですものね?

自分で作るので、そこは自己責任ということで。
「これが私の0.5グラム!」
と決めて「ちょん」と除きます。

これをペットボトルに投入。
シャカシャカ振って塩をよく溶かせば
生理食塩水の完成です。


ですが。
まずは市販されてる
鼻うがい用洗浄液を試してみます。
鼻洗浄のための容器も付いてますし。

購入したのはこれ
ハナノア

小林製薬が発売している
ハナノアという鼻うがい専用の商品です。

鼻うがいの正しいやり方は
こちらからご覧になれます。
http://www.kobayashi.co.jp/seihin/hna/

この専用洗浄液がなくなったら
生理食塩水で試してみようかなと。

なにより、まずは怖がらず
鼻うがいデビューをしなきゃ
始まりませんけどね


広島ブログ

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

おから

Author:おから
おからです。野良猫です。ふらふらとあちこち行きます。もしくはず~っと、お昼寝したりしてます。
普段はただの会社員を装っているが、本当はアロマの楽しさを伝えたい芳香伝道師。日々ゆる~く伝道活動中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。